侍JAPAN

一目でまる分かり【2018年侍ジャパン vs オーストラリア戦】の全成績一覧

皆さん、おはようございます。

侍JAPANが2連勝で気分良いじょん(fffff3434)です。

今回も、野球記事になります⚾

先日行われた『ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018(日本 vs オーストラリア戦)』のチーム成績・選手個人成績をまとめて紹介・講評したいと思います。

前回の野球記事は、こちらから。

今大会の日程

3月3日(土)ナゴヤドーム

ドアラが最高でした。

3月4日(日)京セラドーム大阪

京セラ大好きな僕も行きたかった……

2試合とも、対戦相手は『オーストラリア』でした。

日本球界経験者や前WBC出場選手もおりましたね。

3/3 1試合目の成績

スタメンはこちら。

先発は『千賀滉大』投手でした。

試合結果は……

f:id:johnjohnfffff:20180305080150p:plain

見事、完封勝利!

投手戦でしたね。千賀投手が6者連続三振と圧巻のピッチングを見せました。その後の投手陣も踏ん張りましたね。勝利投手は『東浜巨』でした。今年も彼は軽々と二桁勝利を達成しそう。ホークスの投手陣ヤバすぎ。

攻撃では、柳田・筒香選手のタイムリーが飛び出しました。この2人が並ぶのは豪華でした。1番打者の『秋山翔吾』も粘って四球を選んだのは流石。この3人は東京五輪でも中心選手になっていくでしょう。

3/4 2試合目の成績

スタメンはこちら。

先発は『則本昂大』投手でした。

試合結果は……

f:id:johnjohnfffff:20180305080217p:plain

2試合連続完封勝利!

日本の投手陣のレベルは高い。先発の則本投手・二番手の田口投手は快投を見せました。NPBと使う球は違えど、自分の持ち味を発揮できていましたね。

注目すべきは三番手『堀瑞輝』が2回を完璧に抑えたこと。彼は今大会の侍JAPAN最年少であり、まだ10代です。打者がタイミングを取りづらい「投球フォーム」と伸びのある「ストレート」には将来性を感じます。

野手では、秋山選手が「3安打2打点」と実力を発揮。今年も首位打者最有力候補でしょう。また、前日に出番がなかった『松本剛』も「2安打3打点」の活躍を見せました。犠打と犠飛もきっちり決めて、侍JAPANの2番打者としての仕事は完璧でしたね。

野手2試合の通算成績

打席 安打 打点 打率 出塁
柳田 9 1 0 .143 .333
秋山 8 3 3 .600 .750
筒香 8 2 1 .333 .500
浅村 7 1 0 .167 .286
上林 6 2 1 .333 .333
西川 6 0 0 .000 .000
外崎 5 1 0 .333 .600
大山 5 0 0 .000 .200
田中 5 0 0 .000 .000
田村 4 0 0 .000 .250
松本 3 2 3 .667 .667
小林 3 1 0 .333 .333
菊池 3 0 0 .000 .000
今宮 2 2 0 1.000 1.000
甲斐 2 0 0 .000 .000

1番打者「秋山翔吾」の働きは非常に大きかった。また、2試合目でショートを守った「今宮健太」もきっちり2安打を放ちました。上記で述べた「松本剛」も大活躍したことから、流し打ちが上手い打者は国際試合で力を発揮できそうだと感じます。

2013年WBCの『井端弘和』がそうでした。相手選手のデータ不足から「とりあえず大怪我しない外角を攻めよう」というバッテリーを手玉にとれるのは、ミートの上手い選手だと思われます。次の大会で、どんな選手が選ばれるのか、楽しみですね。

投手2試合の通算成績

回数 防御率 被安 三振 奪三率
千賀 2 0.00 0 6 27.00
則本 2 0.00 1 5 22.50
今永 2 0.00 1 4 18.00
東浜 2 0.00 1 3 13.50
2 0.00 0 1 4.50
田口 2 0.00 1 0 0.00
石崎 1 0.00 0 2 18.00
田島 1 0.00 1 1 9.00
岩嵜 1 0.00 1 1 9.00
山崎 1 0.00 0 1 9.00
松井 1 0.00 1 1 9.00
高梨 1 0.00 0 0 0.00

やっぱり「千賀滉大」投手の奪三振ショーは痺れましたね。しかもフォークではなくストレートで空振りを奪うことが多かったです。スライダーも良かった。メジャー級の投手だと言えます。

そして、見て分かるように、失点した投手がおりません。全投手の成績を合わせると、25奪三振を奪っているのも凄い。今後の国際試合では、日本打線が1点でいいから先制して、投手陣の踏ん張りで逃げ切って勝つパターンをいかに作れるかでしょうね。

本日も、最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

今日、月曜日か……

皆さん、ファイトしましょう。