北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの先発投手事情を考える。後半戦はキング有原航平の覚醒に注目。

皆さん、おはようございます。
健康になりたいじょん(fffff3434)です。

 

2018年のオールスターゲームは、パリーグの2年連続2連勝で幕を閉じました。交流戦も勝ち越しており、パリーグの強さは今だに健在です。投手陣のレベルの高さが伺えますね。

 

そして、プロ野球の後半戦も間もなくスタート。現在、僕が応援している北海道日本ハムファイターズのパリーグ順位は『2位』です。首位の埼玉西武ライオンズに『2.5ゲーム差』になります。十分、パリーグ優勝を狙える位置と言えるでしょう。

 

 

今記事では、2年ぶりのパリーグ優勝を狙うために、後半戦の北海道日本ハムファイターズ選手に期待する「成績」について考察していきたいと思います。まずは先発投手編から。

ファイターズの先発投手

ファイターズは、ここまで79試合を消化し、残り試合数は「64試合」になります。先発ローテを6人程度で回すことを考えると、1人9〜11試合の先発機会が想定されるでしょう。

 

以上の条件を踏まえて、優勝を狙うファイターズの先発投手陣に期待する選手成績を考察していきます。2桁勝利を達成する先発投手が何人出るかがカギでしょう。

 

ちなみに、日本一に輝いた2016年には「大谷翔平・有原航平・高梨裕稔・増井浩俊」が2桁勝利を記録しました。後者2人はシーズン途中の先発転向からの二桁勝利だったことを考えると、今年もそのような投手が出てきてもおかしくはありません。

上沢直之

●上沢直之投手の2018前半戦成績

試合 完封数 防御率
14 93.1 8 3 3 2.22

昨年は4勝9敗だったことを踏まえると、今年の「上沢直之」は大活躍のシーズンになっています。自身初の2桁勝利も余裕でしょう。また、防御率はリーグ3位で、3完封はリーグトップ。投球回数や奪三振数など、他の成績部門でもリーグ上位を記録しています。

 

じょん
じょん
素晴らしいかよ

 

●上沢直之投手に期待する2018年成績

昨年に引き続きQS率は高く、打線の援護さえあれば「15勝」程度は期待できます。また、防御率を2点代前半でキープし、最優秀防御率のタイトルを獲得して欲しいですね。

 

上沢直之投手の覚醒の理由は、こちらから。

マルティネス

●マルティネス投手の2018前半戦成績

試合 QS率 防御率
14 99.1 7 5 78.57 2.72

今年新加入の外国人助っ人「マルティネス」も上沢投手同様、素晴らしい成績を残しています。平均投球回数は7回以上を記録し、安定したゲームメイクが持ち味です。ダルビッシュ投手から教わった『カットボール』を巧みに操り、試合時間も短くなることが多いです。

 

●マルティネス投手に期待する2018年成績

2桁勝利はもちろん、最終的には「12勝以上」は期待したいところ。敗戦数も減らして、彼単体の成績でも貯金6以上を記録できれば、チームの優勝にグッと近づくと思います。

高梨裕稔

●高梨裕稔投手の2018前半戦成績

試合 QS率 防御率
14 89 5 5 64.29 3.62

昨年の成績が「7勝7敗 防御率3.68」だったことを踏まえると、前半戦は一皮剥けそうで剥けきれなかった印象です。前半戦終了時点で被本塁打数(14)が昨年を超えてしまいました。

 

●高梨裕稔投手に期待する2018年成績

やはり自身二度目の2桁勝利を達成してほしいですね。彼と上沢投手、マルティネス投手が規定投球回を達成するほどイニングを稼げれば、中継ぎ投手の負担は軽減し、シーズン最終盤まで安定した戦いができると思います。

加藤貴之

●加藤貴之投手の2018前半戦成績

試合 被本塁打 防御率
13 75 4 6 1 4.56

ルーキイヤーの一昨年、昨年と比べると、今年はここまでしんでいる印象。立ち上がりは良いものの、5回を超えたあたりから失点をズルズル許してしまう投球が目立ちます。

 

●加藤貴之投手に期待する2018年成績

被本塁打数が比較的多いファイターズ先発陣の中で、まだ1本しか許していないのは強み。まずは5回を最少失点に抑えることを期待して、貯金を作る投球に期待したいです。

また、先発ローテの中で彼のようなサウスポーの存在は貴重です。彼がシーズン最後までローテを守り続けることが、他投手にも好影響をもたらすはず。後半戦の覚醒が楽しみです。

有原航平

●有原航平投手の2018前半戦成績

試合 奪三振率 防御率
12 53.1 5 2 9.17 5.74

今年も被安打と失点を重ねる投球が目立ち、前半戦途中で抑えのポジションも経験しました。内角を攻めきれずに投げるカットボールが痛打を浴びることが多かったです。

 

●有原航平投手に期待する2018年成績

今年の彼は「奪三振率」が高いです。抑えのポジションを経験し、ストレートや落ちる球を投げる機会が増えて、狙ったような奪三振がえてきています。

150キロを超えるストレート、カット、フォーク、チェンジアップなど様々な球種を持ち、投球回数を稼ぐスタミナもある彼のポテンシャルは日本プロ野球屈指のもの。

 

テンポが良いことも影響しているのか援護率も高く、有原投手は運も実力も「持っている男」だと言えます。最終的には2桁勝利、防御率を3点代前半まで下げる活躍を期待します。

ファイターズの先発ローテ

今年のパリーグは5位以上が貯金を持つなど、大混戦になっています。どのチームにも強みはあるものの、それぞれに弱みもあり、大きな連勝はしいはず。

 

そのため、2018年シーズン前半戦を終えて貯金10のファイターズが後半戦で貯金を15以上獲得できれば、リーグ優勝を十分狙えると思います。

●先発5人衆に期待する最終成績

上沢直之   14勝5敗
マルティネス 13勝7敗
高梨裕稔   11勝8敗
加藤貴之   9勝8敗
有原航平   11勝5敗

以上の先発5人衆に加えて、安定感のある「村田透」期待のドラ1左腕「上原健太」にも注目したいですね。二軍で先発調整中の2年目「堀瑞輝」の覚醒も楽しみです。

優勝のキーマンは誰だ

やっぱり「有原航平」の活躍が後半戦のカギになると思います。一昨年、昨年と2年連続で2桁勝利を記録し、2016年には日本一に大きく貢献した実績が彼にはあります。

 

特に2016年の前半戦には、防御率1点台を誇るような安定感のあるピッチングを見せており、当時の大谷翔平に引けを取らない活躍を見せていました。その時の「有原航平」が今年の後半戦に戻ってきてもおかしくありません。

 

 

オールスター明けの2018年シーズン後半戦の開幕投手も任され、期待に応えて完投勝利を飾った彼の再覚醒を楽しみに、今年もファイターズの試合を追っていきたいと思います。

 

じょん
じょん
斎藤佑樹の活躍も待ってるで