北海道日本ハムファイターズ

【2018年】北海道日本ハムファイターズ選手の今季成績予想(内野手)開幕3連戦も振り返る。

皆さん、おはようございます。
野球ブロガーのじょん(@fffff3434)です。

 

今回は、北海道日本ハムファイターズ選手の今季成績(2018年)を考察します。本記事は内野手編。開幕3連戦も振り返ります。

日本ハムファイターズ 内野手

中田翔

昨年 試 合 打 率 HR 打 点
2017 129 .216 16 67

昨年は、大不振に終わりました。WBCや怪我の影響もあり、体重は激減。精神的にも苦しかったと思います。

 

しかし、今年はFA権を行使せずに残留し、チームのキャプテンにも就任。2018年の中田翔は、超本気です。

今年 試 合 打 率 HR 打 点
2018 143 .280 35 110

今年の彼は、体重を増量するなど体作りを徹底し、打撃フォームもマイナーチェンジを図りました。2013年中田翔を超える活躍、キャリアハイを期待したいです。

 

返り咲こう、日本の4番……!


新しい登場曲も最高です(涙)
来年も残留してくれますように(早)

レアード

昨年 試合数 打 率 HR 打 点
2017 137 .229 32 90

来日1年目から3年連続30本を達成し、4打数連続HRも記録するなど、今やチームの顔でもある助っ人です。

 

昨年は、中田翔選手の不振もあって、クリーンナップを務めることが多かったこともあり打率と本塁打は伸び悩みました。春先の不調が特にイタかった……

今年 試合数 打 率 HR 打 点
2018 143 .250 40 100

彼に期待するのは、試合中の浮き沈みを減らすこと。打撃で結果が出ないと、守備にもミスが出がちでした。

 

今年は大谷翔平も抜け、クリーンナップを打つ機会も多くなるはずなので、打率にも期待したいですね。

田中賢介

昨年 試合数 打 率 出塁率 盗 塁
2017 107 .252 .327 11

昨年は順位が振るわなかったこともあり、若手を育てたいチーム方針の影響で、出場機会が減少しました。

 

一方で、打率や出塁率はそこまで悪くありません。もう少し打席を得られたら、より良い成績を残せたはず。

今年 試合数 打 率 出塁率 盗 塁
2018 100 .280 .350 10

自慢の選球眼とバットコントロールは、まだまだ衰えてないはず。彼には、彼らしい成績を期待したいですね。

中島卓也

昨年 試合数 打 率 出塁率 盗 塁 HR
2017 91 .208 .268 11 1

昨年は、2度の怪我での離脱と打撃の不振が重なり、彼にとって非常に苦しいシーズンになったと思います。

 

ですが、人生初ホームランを記録するなど、打撃スタイルを変えようとしている様は見受けられました。

今年 試合数 打 率 出塁率 盗 塁 HR
2018 120 .250 .330 25 2

彼ほどの守備力を持つ遊撃手が、上記の打撃成績を残せれば、チームとしては大きなプラスになるはずです。

 

僕はまだ、彼の打撃には「伸びしろ」を感じます。3割を打てる「中島卓也」選手を夢見ようと思います。

石井一成

昨年 試合数 打 率 出塁率 盗 塁 HR
2017 114 .205 .271 3 3

プロ1年目の昨年は100試合以上に出場し、打撃・守備面ともに、貴重な経験を積んだシーズンになりました。

 

今年 試合数 打 率 出塁率 盗 塁 HR
2018 120 .250 .330 10 5

昨年は、三振数が非常に多かったものの、空振り率が高かったわけではなく、慎重すぎた打撃スタイルに問題がありました。

 

しかし、昨シーズンの終盤から、積極的なスイングが目立つようになり、長打も飛び出るようになりました。

 

じょん
じょん
中距離打者の素質アリやで

 

3年以内に「2割8分10本」を期待したいね……!

横尾俊建

昨年 試合数 打 率 HR OPS
2017 50 .239 7 .727

昨年は、彼のポテンシャルが芽を出し始めました。三振率は高かったものの、長打力に大きな魅力があります。

 

今年 試合数 打 率 HR OPS
2018 120 .250 20 .800

打席に立つ回数を増やせば、20本以上のHRを打てる長距離砲になってくれるはず。ロマンが溢れています。

開幕3連戦では打てずに苦しみましたが、彼の本領発揮はこれから。おにぎり君の覚醒は、間近だと思います。

太田賢吾

昨年 試合数 打 率 出塁率 HR
2017 40 .171 .190 1

昨年は、一軍デビューを飾った飛躍の1年になりました。二遊間をこなせる大型内野手(身長186cm)であります。

 

今年 試合数 打 率 出塁率 HR
2018 100 .250 .300 3

今年のオープン戦では好調ぶりをアピールし、二塁・三塁・遊撃の複数のポジションを任されていました。

 

また、長打力にも定評があります。昨年は2軍で6本、1軍で1本(プロ初)のHRを放っています。そして彼は強肩でもあるので、中島卓也、石井一成のショート争いに組み入るアピールを見たいですね……!

杉谷拳士

昨年 試合数 打 率 出塁率 HR
2017 35 .147 .200 0

昨年も怪我に悩まされました……

 

しかし、彼は、結婚しました。

 

豪州のウインターリーグに参加しました。

 

2月の実践では2本のHRを放ちました。

今年 試合数 打 率 出塁率 HR
2018 100 .270 .330 3

彼の覚醒を待ち望むファンは多いはず。今年こそ、どこかのポジションでレギュラーを獲得して欲しいです。

そして、正月番組のレギュラーにも返り咲いて……!

その他にも……

他にも、平沼翔太、高濱祐仁、今井順之助ら若手も鎌ヶ谷に控えています。3選手とも打撃がいんですよね。

 

でも今は、中田翔が守る一塁と、レアードが守る三塁が空いておらず、チャンスを得にくい現状ではあります。

 

ですが、長いシーズンは何が起こるか分かりません。いつでも上がれるように、さらなる成長に期待しましょう。

悔しかった開幕3連戦


開幕3連敗しちゃった

 

じょん
じょん
なまら悔しいべや

 

それでも、良い要素はあります。

打率4割以上をキープする「近藤健介

一発を放った「レアード」「中田翔

日本に適応し始めた「アルシア

150キロ超の直球を投げる「西村天裕

負けはしたけれど、キャプテン「中田翔」を中心に、選手たちのアツい感情が伝わってくる開幕三連戦でした。

 

特に「石川直也」の悔しい表情は、脳裏に焼き付きました。まるで「負けたら終わり」の甲子園での選手を見ていたようで、僕は心を打たれましたね。

 

じょん
じょん
まだ始まったばかりだぜ

 

多くの主力選手が抜け、リスタートを図るファイターズ。これからは昇っていくのみ。逆境を楽しもう……!

 

前回の記事は、こちらから。
キャッチャー陣の成績も考察してみました。